映画『嘘を愛する女』隠していた真実とは、愛する人の真実とは。

長澤まさみ、高橋一生、共演で贈るラブミステリー

映画『嘘を愛する女』のあらすじと感想をまとめてみました。

あらすじ『愛する人の真実はどこにあるのか』

大手飲料メーカーに勤める河原由加利は、世の中女性が憧れるキャリアウーマンとして、第一線で活躍していました。プライベートでは研究医で優しい恋人の小出桔平と5年間同棲しており、公私ともに充実しています。

そんな幸せな日々が続く中、ある日警察がマンションを訪ねてきます。桔平がくも膜下出血で倒れ、病院に運び込まれたと告げられるのです。そして彼の身分証明書を確認したところ、彼の名前も職業も戸籍も、全てが存在しない『嘘』だったと判明するのです。

由加利は桔平の本当の姿を探すため、探偵の海原匠に調査を依頼します。そして桔平が700ページにも及んで書き綴っていた小説が見つかりました。その小説を頼りに、二人は桔平を探す旅に出るのでした。

桔平は何なぜ嘘をつき続けていたのでしょうか?二人の愛も嘘だったのでしょうか?由加利は愛する人の真実の姿を探し出す事ができるのでしょうか?

出演『個性的で魅力的なキャスト達』

  • 主演は大人の魅力で存在感が出てきた長澤まさみ
  • 恋人役に今大人気の実力派俳優・高橋一生
  • 探偵役にベテラン俳優・吉田鋼太郎
  • 探偵の部下役にアーティストのDAIGO

みなさん個性派揃いで、映画を盛り上げてくれていました。DAIGOさん、俳優としてもいい味出してました。長髪にひげで怪しい姿が様になっていて、誰だかわからないくらいでした。

主演の二人は、世界の中心で愛を叫ぶ、以来の共演だそうで話題になっていました。

感想『映画に漂う、高橋一生の魅力』

主人公・由加利がメインとなり謎に迫って行くので、桔平は主に回想シーンでの登場になります。ただ、映画を支配するのは桔平の優しい空気感です。

今日本で一番、何も語らない無表情の演技が素晴らしいと言われているだけあって、佇まいが素晴らしいなと思いました。ただの詐欺師ではないだろうと引き込まれながら映画を見ていました。長澤まさみさんの嫌な女を演じる姿も見事で、大人の女優さんになったなと思いました。

映画自体は、コンパクトな印象です。映画でなくてもいいのかな?と個人的には感じましたが、瀬戸内の美しい景色は映画の映像美ならではで感動させられました。実話に基づく作品のようで、真実の愛とは何かを考えさせられます。

まとめ

ラスト、桔平の真実を知った由加利の選ぶ道とは何か。これからの人生で大切なものは何か。

嘘を愛する女は、動画配信サービスでも視聴できる(参考記事:https://vod-media.net/)ので、ぜひご覧になって下さい。