是枝裕和作品 海街diary あらすじと内容 ネタバレなし

その時僕は少し暗い気分になっていて、何か心が明るくなるような映画を見たいと思っていました。海街diaryを選んだ理由は、出演女優が魅力的だと感じたこと。監督が好きで少なくともハズレはないだろうと思ったこと。そのカメラマンの撮る画には、どこか心を揺さぶるものがあるとかねてから感じていたことが挙げられます。もし沈んだ気分になっている人がいたら、評判の良いU-NEXTで視聴できるので、この映画はおすすめです。笑いがあり、愛情のこもった衝突や葛藤があり、心が明るくなる展開があるからです。

あらすじ

鎌倉に住む三姉妹の父親が亡くなった。両親が離婚して別々に暮らしてきた父親の死は、姉妹にとってはそれほどショッキングなことではなかった。しっかり者の長女、自由奔放な次女、明るい三女は三人できちんと自立ししっかりと生活していたからだ。ただ、父親にはひとつだけ三姉妹に遺したものがあった。腹違いの妹(広瀬すず)である。

葬式で対面した姉妹は、妹のおかれた状況を見て、鎌倉で一緒に住まないかと提案する。戸惑いを見せるが別れ際に一緒に住みたいと伝える妹。そうして四人の生活が始まる。それぞれの思いや葛藤を抱えて。

魅力的な女優陣

長女を演じる綾瀬はるか。しっかり者で妹たちを支える存在です。しかし自分にプレッシャーをかけてしまう傾向があり、恋人や母親との関係に問題を抱えています。一見強そうに見えるが、もしかすると四人の中で一番繊細で脆い心を持っているのかもしれない。内側に溜め込みやすい人であると言えそうです。

次女の長澤まさみ。仕事も恋愛も自由な彼女は最も活発で、わかりやすい性格。荒れることも多いです。それでも基本的には優しい姉御肌で、いざという時には一番頼りになります。

三女の夏帆。どこか抜けているような天然キャラで、二人の姉のことが好きだという気持ちが画面から溢れ出てきます。遠慮がちな妹にすごく自然な距離感で接する姿はとても魅力的です。しかし常に笑顔の彼女にも、彼女だけの葛藤があります。

四女を演じる広瀬すず。純粋で綺麗な心を持っています。その上まだ幼い彼女は様々な葛藤や罪悪感を胸の内に抱えています。三人の姉と時間を過ごすことによって、彼女の抱えていた気持ちが少しずつ溢れ出てきます。

おすすめしたい人

この映画はきっと多くの人の共感を得ると思います。私自身、男兄弟ばかりで境遇も似通ったところはありませんが、物語と雰囲気に心があたたかくなりました。家族で観ても恋人と観ても、もちろん一人で観ても気持ちが豊かになる作品です。鎌倉や東北の美しい風景や、あたたかい登場人物たちもきっとあなたの胸をうつと思います。

監督の特徴として、女性や子どもを魅力的に映し出すことが挙げられます。他の作品にも魅力的な人物や物語がたくさんありますので、ぜひこの映画をきっかけに深い世界を味わっていただきたいです。